aga治療とは!?話題の薄毛治療クリニック比較

ホーム > aga治療とは > 皮膚科学会推奨のaga治療とは

皮膚科学会推奨のaga治療とは

 発毛クリニックはagaなどの脱毛症の治療が受けられる専門のクリニックです。薄毛治療は基本的に保険適用外になりますが、最近はリーズナブルな医療費で通院できる発毛クリニックもあります。薄毛と一口にいっても、抜け毛が増えた原因によって有効な治療法が違います。agaの場合は、「日本皮膚科学会」がガイドラインで推奨しているaga治療を行います。日本皮膚科学会が勧めるaga治療とは、最上位をAランクとしてDランクまであります。もっともお勧めするAランクのaga治療は、薄毛の原因である男性ホルモンを抑える効能がある薬の投与です。飲み薬を服用して男性ホルモンの活性化を抑えて、ヘアサイクルの乱れを内側から整えていきます。agaに効果がある飲み薬は、全国の発毛クリニックで処方しています。

 ミノキシジル外用薬の塗布も、日本皮膚科学会がAランクのaga治療として認めているほど専門家のお墨付きです。ミノキシジルは血管を広げる血管拡張薬で、頭皮に塗ると毛細血管が広がって血流が増加し、発毛しやすい頭皮環境になります。5%までのミノキシジル入りの育毛剤なら、ネットストアや一般の薬局でも手に入ります。それでも効果がない場合は、さらに濃度が高いミノキシジル外用薬を発毛クリニックで処方してもらうのがお勧めです。ミノキシジルの含有量が多いほど強い発毛効果があり、抜け毛が減ってしだいにふさふさになります。男性ホルモンを抑える飲み薬とミノキシジル外用薬を一緒に使うとなお効果的です。ただし、副作用のリスクを考えて、医師の指導を守って正しく使用することが大切です。

 Aランクよりもワンランク低いBランクの薄毛治療が自毛植毛です。自毛植毛とは、agaになりにくい元気な自毛を採取してそれを株分けし、一本一本手作業で移植していく手術です。移植をして自毛が頭皮に生着すれば、まるで前からそこに生えていたように自然に発毛します。それにもともと活きのいい自毛だけを選別して移植していくので、太くて抜け毛になりにくい丈夫な髪になるのもメリットです。育毛剤などの場合は生えるまで時間がかかりますが、自毛植毛の場合はすぐに薄毛が治ります。ただし、手術をしたあとに頭皮に生着しないと、せっかく採取した貴重な自毛が無駄になるので、クリニック選びはとても重要です。自毛植毛をする場合は、手術経験や知識が豊かな医師がいる発毛クリニックを探すことが大切です。

次の記事へ

カテゴリー