aga治療とは!?話題の薄毛治療クリニック比較

ホーム > aga治療とは > aga治療とは専門病院と一般病院の治療がある

aga治療とは専門病院と一般病院の治療がある

 医療機関には、病気を治してくれるところと美容などの見た目や外観を変えてくれるところがあります。どちらも医師が行ってくれますが、一般の病院は病気があることが前提になります。そしてその治療のために薬の処方をしてくれたり手術をしてくれます。美容関係の病院は、病気でない人が、顔や体形などの見た目を外科的な手術で変えてくれます。病気を前提としていないので、保険診療は受けられません。すべて自費診療になります。老化に関しても病気とは捉えられていないので、若く見せたいような治療をするときは自費診療になると言えるでしょう。老化現象の一つとされているのが毛髪の現象です。主に男性に発生するとされ、まれに女性でも同じ原因で発生します。女性でも別の原因で薄毛に悩む人がいるようです。

 aga治療とは、今のところは専門病院と一般病院で治療が受けられるようになっています。専門病院は、基本的にはaga治療のみを行っています。クリニック名にagaの言葉が入っているところもあるのでわかりやすいかもしれません。多くは美容系のクリニックから派生していますが、一部はaga治療のみから行っているところもあります。美容系クリニックといえば、同じ系列のクリニックが全国展開されていて、同じような治療が全国で受けられます。こちらも、全国的に展開されているところが多く、地方などでも開院されていれば同じように治療が受けられます。専門院の中には独立系で全国にそこにしかないクリニックもあります。他では行っていないような治療が受けられる場合があるので、そちらを受信する人もいるようです。

 専門病院以外で一般病院でも治療が受けられる場合があります。薄毛は皮膚病の一つととらえることがあり、皮膚病を治すことから皮膚科の治療項目の一つとして扱ってくれています。病気ととらえてくれていますが、保険診療ではなく自費診療になります。皮膚科の他に内科でも扱っているところがあり、診療の中に含まれていれば治療が受けられます。一般の医療機関には薄毛治療を専門に行う医師が治療してくれるわけではありません。行ってくれるのは、見た目の診察と問診です。血液検査などはなく、比較的簡単に国が認可している治療薬を処方してくれます。基本的には処方のみで、経過観察なども特に行ってくれないところがあります。一般病院は容易に治療薬はもらえますが、専門病院の方が経過観察などのサポートが強くなります。

次の記事へ

カテゴリー