aga治療とは!?話題の薄毛治療クリニック比較

ホーム > aga治療とは > aga治療とは男性型の脱毛症の治療

aga治療とは男性型の脱毛症の治療

 人の頭皮には毛が生えています。一般の人であれば、子供のころはほぼ男女ともに生えています。しかし、男性に関しては少しずつ薄毛の人が増えてきて、20歳や30歳ぐらいからかなり薄くなる人がいます。高齢になるとさらに薄毛の割合が増えるとされていて、同年代の女性と比べても男性の方が多い点が注目されました。色々調べた結果、男性に多いとされる男性ホルモンの影響により、薄毛になる可能性が高まることが分かりました。さらには、他の目的で開発された薬を薄毛の男性に投与したところ、薄毛の症状が改善するケースが出てきます。その薬の成分を調べると、男性ホルモンの作用を抑える役割があることが分かり、本来の目的の薬とは別に薄毛を解消するための薬として使われるようになりました。薄毛が薬で治る時代になっています。

 aga治療とは、主に男性型の脱毛症の治療になります。薄毛になる原因は様々で、必ずしもすべての人が男性ホルモン由来の薄毛とは限りません。ただ、男性の薄毛の割合の中には男性ホルモンを原因にする人が多いとされています。この治療を謳っているクリニックの多くでは、薬の投与による治療が行われています。少し前までは日本では認可されていませんでしたが、最近になって認可されるようになって非常に多くの医療機関で利用されるようになりました。毎日服用をすると、少しずつ男性ホルモンの影響が少なくなるため、原因解消によって薄毛が減るとされています。一般的に行われているのは薄毛の症状を止める薬の処方になります。それ以上薄毛を進行させないための治療です。これだけをしていては、髪の毛を増やすことはできません。

 一部の専門クリニックで行われているのは、発毛するための治療です。薄毛になる原因をストップさせたうえで、発毛するための成分を投与し髪の毛を増やそうとします。こちらの治療を受けると、以前に比べると髪の毛が増えたと感じるようになります。一般的な皮膚科や内科で処方されるのは薄毛を止めるだけが多いですが、専門クリニックでは薄毛を止めて、そのうえで生えるための薬を使ってくれるので、両社は明らかに効果が異なる治療になります。診察の仕方なども、専門クリニックでは血液検査などを行って薬の効果があるかどうかを調べてから処方してくれます。一方で、普通の皮膚科や内科の対応クリニックは、問診程度で薬の処方箋を出してくれます。簡単に薬はもらえるものの、効果があるかどうかが分かりにくいかもしれません。

次の記事へ

カテゴリー