aga治療とは!?話題の薄毛治療クリニック比較

ホーム > aga治療とは > aga治療とは男性型脱毛症の治療です

aga治療とは男性型脱毛症の治療です

 最近はaga治療を行う医療機関が増えていますが、具体的にはどのような治療なのかと気になっている人もあるのではないでしょうか。aga治療とは、男性型脱毛症の治療のことを指します。男性型脱毛症は放置しているとどんどん進行していき、改善が難しくなってしまいます。かつては治療でも良い改善を得ることは難しいとされていましたが、最近では治療もどんどん進化し、多くの人が髪の悩みを解消できるようになっています。育毛剤や育毛シャンプーなどで努力をしていても改善が難しい場合は治療も検討してみてはいかがでしょうか。aga治療は皮膚科やメンズクリニック、美容外科、美容皮膚科など様々な医療機関で行われています。進行が進んでからとなると改善には時間も費用も必要となりますので、できるだけ初期のうちに治療を始めることがおすすめです。

 aga治療にも様々な方法がありますが、特によく選ばれている治療には薬を使うものがあげられます。飲み薬と直接頭皮につけるタイプの薬が用意されており、どちらかだけを使う場合もあれば併用して治療を行うこともあります。飲む薬では、プロペシアが特に有名で一日一回飲むだけで薄毛の進行を抑えてくれます。この薬は有効成分がフィナステリドとなっており、男性の前立腺肥大症の治療などにも活用されています。薄毛の原因となる悪玉の男性ホルモンを抑えることができ、乱れたヘアサイクルも正常に近づけていきます。薬の効果はすぐに表れるというわけではありませんので、初期のうちに変化がなくても、すぐに治療をやめてしまわず、ある程度の期間は続けていきましょう。そして、治療の効果が現れてからも治療をやめてしまうと、また髪は薄毛の状態に戻っていきますので、効果を維持するためにはさらに長く薬を続けていく必要があります。

 薬による治療は特に費用も抑えることができますし、外科的な治療もないので体に負担が少ないのもメリットです。初期の薄毛であれば、薬だけでも良い改善が期待できますが、薄毛が進行している場合や、薬が効きづらいタイプの人はそれだけでは良い結果が得られないこともあります。薬による治療では十分な結果が得られないという場合は、より高度な薄毛治療も検討してみてはいかがでしょうか。最近では頭皮に直接、成長因子や発毛に役立つ成分を注入することができるHARG療法や育毛メソセラピーを取り入れるクリニックも増えています。こうした治療は男性型脱毛症だけではなく、女性の薄毛など様々な脱毛症に効果的とされています。そして、薄くなった部分に髪を植え込んで髪を増やしていく自毛植毛の人気も高まっています。人工毛を取り付ける増毛とは違い、メンテナンスが必要ないのもこの治療の魅力です。

次の記事へ

カテゴリー