aga治療とは!?話題の薄毛治療クリニック比較

ホーム > aga治療とは > aga治療とは薬による治療と自毛植毛の治療

aga治療とは薬による治療と自毛植毛の治療

 男性の薄毛は老化現象の一つと考えられていました。多くの人が悩みを持っていて、解消できる薬ができたら大きな発明になるとされていました。現状では、既にその薬があります。そして多くの人が効果を得ているとされています。もちろんすべての人に効果があるわけではないですが、それなりに効果があるとされています。治療方法は比較的簡単で、医師から処方される薬を毎日飲むだけです。これにより体における男性ホルモンの影響が少なくなり、徐々に薄毛の状態が改善するとされています。この治療が受けられるのは、一定の人に限られるとされています。毛根の状態にはいくつかあり、毛根が生きているが休止している状態なら薬による改善ができるようです。しかし、毛根がすでに働かない死んだ状態だと薬でも改善できません。

 aga治療とは、大きく分けると2つあるとされています。一つは薬の投与によって行う方法になります。もう一つが自毛植毛による方法です。薄毛の状態になるとき、頭皮全体が薄毛になるのではなく、男性ホルモンの影響を受けやすいところと受けにくいところがあるとされています。前や頭頂部は影響を受けやすく、後ろや横は受けにくいとされます。そこで、まだある毛の毛根を薄い部分に移植する手術を受けることで、薄毛の解消を試みます。この方法であれば、既に毛根が死んでいる状態でも解消できる可能性があります。頭皮全体に毛がない状態だと行うことはできませんが、少しでも残っているならその部分を利用して行えるかもしれません。どちらの治療方法をとるかはそれぞれの人の判断にゆだねられます。どちらにもメリットとデメリットがあります。

 薬を使う方は、非常に手軽です。診察を受けてその日のうちから治療を始められます。効果が出るのには一定期間がかかりますが、早めに効果が得られる人もいます。薬のデメリットとしてあるのが副作用です。男性ホルモンの影響を減らすことで薄毛を解消するので、男性ホルモンが減少することによる作用が出る可能性があります。その他、他の病気を持っていると薬の処方を受けられない場合もあります。また、基本的には薬を飲んでいるときに効果が出るので、飲み始めればそれなりに継続が必要です。やめると元に戻る可能性があります。自毛植毛は、自分の毛を使って生やせるので、薬のような副作用がありません。定着すると、以前と変わらない髪型も可能になります。手術費用が高くなったり、生えそろうまでに時間がかかるデメリットはあります。

次の記事へ

カテゴリー