aga治療とは!?話題の薄毛治療クリニック比較

ホーム > aga治療とは > aga治療とはM型薄毛にもO型薄毛にも効果絶大です

aga治療とはM型薄毛にもO型薄毛にも効果絶大です

 島国・日本の特徴の一つと考えられるものに、ハゲを嫌う傾向にあると言うことです。特に若ハゲとなると、その関係する人のほとんどが否定をするくるくらい、避けられているのが現状なのでしょう。若くして髪が薄くなった時点で、「オレは、もうモテナイ」と考える人が出て来たり、逆に「あの人、若くしてハゲているから嫌い」と言う女性が多いのも事実です。しかし欧米などに行くと、髪の毛が薄くとも人気に影響することなく、モテル男性はモテテいる訳です。そんなこともあり、日本人の若ハゲに対する印象度が、悪すぎると言っても過言ではありません。その昔は、胸毛のある男性がモテた時代がありました。ですが、今は嫌われる傾向にありますので、若ハゲもいつかモテる時代が来ると期待するのも、面白いかも知れせん。

 この若ハゲには、20歳代から30歳代にかけて髪が薄くなって来てしまう人、更には老年性脱毛にみられる額が後退するM型薄毛、頭頂部が薄くなり河童頭になるO型薄毛があります。また中には希な状態ですが、このM型とO型の両方が同時に進行してしまう複合する薄毛となる人もみられます。このM型薄毛の原因として、ジヒドロテストステロンと呼ばれる成分が、発毛のサイクルを乱すことです。またO型薄毛の場合においては、頭皮にある血行が不良になったことで、髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまうことが、その原因とされています。これらを引き起こす原因となっているのが、生活習慣が乱れてしまっていたり、ストレスが溜まったことなどが、考えられます。そしてこれらの症状を今ではaga症状と呼び、薬剤によって芸人さんの頭髪が濃くなったとテレビコマーシャルで流れ、多くの人が認知するに到っています。

 薄毛改善には、このaga治療が必要になります。多くは、植毛などが過去に行われて来ましたが、最近のaga治療とは外用療法と言われる薬剤を塗る方法や内服療法と言われる薬剤を服用するものが、多くみられるようになりました。特に若ハゲと言われるものは、老人性脱毛の一般的なハゲとは違い、治療による効果は、高いとされていることが判りました。そのことから多くの人が、効果を期待して治療を行うようになっています。そこには、フィナステリドを主成分の薬ではM型、ミノキシジルを主成分とした薬ではO型薄毛に大きな効果が期待出来ることが、知らされたことがあります。ここで問題になるのは、M型とO型の二つを同時に発症している人です。この場合、フィナステリドを主成分の薬とミノキシジルを主成分の薬の両方が必要になることです。心配と言う人は、一人で悩むことなく医師に相談することがベストの方法です。

次の記事へ

カテゴリー